さより妊活5年生!誰にもいえない妊活の話
TOP PAGE > 私たちもそろそろ赤ちゃんが欲しいねと、夫と話す機

私たちもそろそろ赤ちゃんが欲しいねと、夫と話す機

私たちもそろそろ赤ちゃんが欲しいねと、夫と話す機会が増えましたをまずは、初歩的なところからかなと思います。
毎日の生活習慣から体が冷える習慣をなくしたり、適当に計っていた基礎体温をちゃんとアラームを使って同じ時間に測るようにしています。



食べない事もあった食事も3食ちゃんと食べる事にしました。
寝る時間も10時に寝て7時に起きるようにしています。

今月はあと数日で検査薬が使えるので、結果を楽しみにしています。
妻との間になかなか子供を授かることができず、今は妊活サプリの力を信じて飲用を続けています。



不妊の原因や赤ちゃんへの期待などを妻が一人で背負い込まないように、毎日一緒に飲んでいます。


飲むときは一緒に飲むことを習慣にしています。自力で出来ることをしても結果が伴わなければ病院でしっかりと検査をしてもらうつもりですが、これまで不規則だった妻の生理周期が安定したこともあり、それなりの効果はあるようです。


妊活を本格的に始める前に、準備段階としてあなたの身体をよく見てみましょう。生理周期は毎月安定しているか、周期通りに排卵がされているかを調べなければなりません。毎朝決まった時間に起きて基礎体温を計測し、数値をグラフ化していきましょう。いちいちグラフにしてられない!という方にもお勧めしたい、数値を入れるだけでグラフにしてくれる便利なアプリがありますので活用して下さいね。
約3カ月ほど毎朝忘れずに基礎体温をつけていくと、あなたの体調の変化が基礎体温とともに周期性を持っていることがわかるはずです。
赤ちゃんを望むまえに自分の身体を良く知ろうとする事、それこそが妊活のスタートラインになります。ここ2、3年で妊活というキーワードは広く浸透しました。
女性の妊活として、身体の冷えを防ぐことが重要とされています。女性は男性に比べて冷えやすいと言われています。
冷えが長期的に続くと月経周期も不安定になることがあり、体質的に妊娠しにくい状態が続くことになります。冷え性の改善には、筋肉の量を増やすことと入浴で毎日湯船に浸かるようにすること、飲食物は身体を冷やさない暖かい物を口にするよう進んで取り組むようにしましょう。排卵日を予測するために基礎体温をつけることを習慣にしています。

毎日、起床後すぐに動かずに計る必要があるので、枕元に体温計を常備しているのはいいのですが、体温を計りながら二度寝してしまいそうになるのを堪えるのは予測以上に大変です。計っている間に寝てしまっても何ら問題はないのですが、間違いなく会社には遅刻してしまいますからね。



基礎体温は自身のコンディションを知る指標としても活用できるので、妊活をする必要がない方でも試しに計ってみてください。見本通りのグラフにならない時は体が疲れていると判断をして、生活を見直すようにしています。



子どもが欲しいと不妊治療を受けている方が現在多数いらっしゃいます。


妊娠する可能性があるのならと、できる事は何でもやろうという方も多いのではないでしょうか。やれる事は沢山あります。


まずは、日頃からバランスの良い食事をとることです。

過度なダイエットは体が必要とする栄養バランスが崩れるのでやめたほうがいいです。
そして次は妊娠すると栄養素の中でも重要になってくる葉酸を摂ることです。お腹の赤ちゃんの脳や神経などを形作る上で欠かせない栄養素が葉酸です。
食事とともにサプリを飲んでしっかりと摂っていきましょう。
身の回りでできることから行うのが妊活を続けていく上で重要となります。以前より生理周期が不規則だったので、ひとまず毎朝必ず基礎体温を計ることにしました。
妊活情報サイトなどにある方法を自己解釈してタイミング法を実行しましたが、半年経っても妊娠しないため、海外製ですが排卵検査薬を通販で安く購入し、排卵日を確認してタイミングを取ったところ4ヶ月で妊娠に成功しました。お互い仕事が忙しく体力的に頻繁にタイミングを取ることができなかったので、排卵日をきちんと特定できたことが妊娠に繋がったのだと思います。
妊活でもっとも重要なのはまず自分の排卵日を知る事です。
今は携帯やスマートフォンからも使える便利なサイトも数多くあり、生理の始まりと終わりを入力すれば排卵日の大方の予想は立てられますが、示される予想というのは月経開始日の14日後であることが多く、自分の場合も排卵日がその期間に来るとは言い切れないのです。。ですので、こうした予測と一緒に基礎体温をつけるようにしましょう。
ひとまずここから妊活を始めるようにして、基礎体温がどのような変化をしているのかしばらく様子を見てください。妊活とまとめて言ってもその方法は様々です。

美容院の毛染めも化学物質ではなく出来る限りオーガニックをしようしたり、食品も自然派のものに変えたりするのも妊活の1つだと言えます。何よりも体を冷えから守ることは非常に効果の高い妊活とも言われています。

私達はずっと子供を授かりたいと願うと同時に授からないことに悩んでもきましたが、私達のどちらにも問題がないとわかり、上記のことに気を付けながら妊活を続け、結果として現在妊娠中です。赤ちゃんが欲しいと思ったら、早い段階で妊活を開始しましょう。

皆が等しく年老いて老人になるとの同様に、卵子も年齢を重ねるごとに、卵子の質は低下をしていきます。

これがどういう事なのかというと、妊娠するにはリミットがあるという事です。

また今の時代、女性の社会進出によりストレス過多や、食生活の乱れなどからホルモンバランスが崩れ、妊娠が困難な場合もあります。不妊治療を受ければ、間違いなく赤ちゃんを授かれるという訳でもありません。なので、子供の事を考えるようになったら、早くから妊活を行って時間を大事た使っていきましょう。


関連する記事はコチラ

Copyright (c) 2014 さより妊活5年生!誰にもいえない妊活の話 All rights reserved.