さより妊活5年生!誰にもいえない妊活の話
TOP PAGE > 私達夫婦が子供が欲しいと考えるようになったのは、結

私達夫婦が子供が欲しいと考えるようになったのは、結

私達夫婦が子供が欲しいと考えるようになったのは、結婚から半年程後の事でした。妊娠しやすい体作りの為に私が取り組んだ事は簡単なものばかりです。そう、体を冷やさない事です。身体を冷やさないことは妊娠するためには大切なことです。
体を冷やさないためにはできるだけ、大好物の冷たいデザートを食べすぎず、喉が渇いた時には冷たいものではなく、できるだけ常温のものを選ぶようになりました。簡単なことですが、自分の身体が本来持っている妊娠力を信じて、健康的な方法で妊娠できるように毎日頑張ります。

結婚生活も落ち着き子供の事も考え始めた時、まずはパートナーとの考えの共有から始めましょう。妊活というのは、主に女性の方が積極的に行っていますが、女性一人が努力をしても報われるわけではありません。
最近はご夫婦揃って不妊治療に臨まれる方も多く、治療を進めていく中で旦那様に治療が必要なケースもあり得ます。



加えて、タイミングを取っても妊娠できない場合には、どのような治療をいつまで続けるのか、あらかじめ決めなければいけません。こういった時こそ、夫婦で力を合わせて乗り越えなくてはいけないので、積極的に夫婦で話し合ってみましょう。
以前より生理周期が不規則だったので、ひとまず毎朝必ず基礎体温を計ることにしました。妊活情報サイトなどにある方法を自己解釈してタイミング法を実行しましたが、妊娠することなく6ヶ月も経ってしまったため、通販サイトで海外製の安価な排卵検査薬を購入し、排卵日を確認してタイミングを取ったところ半年足らずの間に妊娠することができました。
お互い仕事が忙しく肉体的疲労から何度もタイミングは取れなかったので、排卵日を特定しなければなかなか妊娠しなかったと思います。


現在不妊治療をされている方はたくさんいます。妊娠の確率を少しでも上げるために何でもやってみようという方もいますよね。出来ることはたくさんあります。
1つ目に、毎日の食生活をバランスの良いものにするということです。


過度なダイエットは体が必要とする栄養バランスが崩れるのでやめたほうがいいです。
そして次は妊娠すると栄養素の中でも重要になってくる葉酸を摂ることです。赤ちゃん体をつくる大切な栄養素です。サプリメントなら簡単に摂取できるので忘れずに摂るようにしましょう。日常で取り入れやすいところから行うのが妊活を続けていく上で重要となります。

少し前まで妊活をしていた者です。

今は5ヶ月になる女の子のママです。妊活中は専門病院に通っていて、授かるまでの数年間は出口の見えないトンネルをひた走っている状態でした。
いつ治療を諦めるか考えてはいましたが、6度目の人工授精でやっと赤ちゃんを授かる事ができました。奇跡のような出会いにありがとうの言葉しか浮かびません。
妊活中は仕事をしていましたが、ストレスなく働けるように気をつけていました。

色々と出かけてリフレッシュしていたのも夫婦の良い思い出になりました。



妊娠しやすい体を作るため、ちょっとしたことですが、様々な事をやっています。

例として、一年中お風呂は必ず湯船に入り、体の冷えを防いでいます。



体の冷え取り、予防にもなっており、体も心もリフレッシュして元気になれます。さらに、葉酸と鉄分をサプリで毎日摂取しています。



特に葉酸は妊娠の3ヶ月程前から飲むと良いと言われているので、赤ちゃんが欲しいと思うようになってから毎日飲み続けています。

赤ちゃんができると母体は貧血を起こしやすくなるので今から鉄分も飲んでおり、もし妊娠できたら赤ちゃんに胎盤を通して十分な栄養と血液を送れるように、今のサプリメントは変わらずに飲み続けます。3年間の不妊期間を経て、ようやく子供に恵まれました。


この不妊期間中に私が取り組んだ妊活は、低めだった基礎体温を高くするというものでした。低体温とは、体温が36℃に満たないことを言い、この状態を改善しなければ、便秘がちになり肌の状態も不安定に、さらに子宮や卵巣までもが冷えているために妊娠しづらい状態となってしまうのです。
基礎体温を上げる為に最も意識したのは食生活の見直しです。

暖色系や濃い色の食材、雪の降る地域で収穫される食材、12月〜2月が旬の野菜は体の血行を良くするビタミン類を多く含む事から身体も温まるので、積極的に毎日の食事に取り入れました。


毎日の食事にほんの少し気を遣うだけなので、難しくて嫌になるということはありませんでした。結婚以来なかなか赤ちゃんが私達のもとへ来てくれることはなく、妊活サプリを飲み続けて妊娠しやすい体作りを行っています。

妻一人に全てを背負わせてしまうことも嫌だったので、男性も女性も飲むことができるタイプの商品を購入し、夫の私も一緒に飲めるサプリを買って、これでも効果が出なければ自力で出来ることをしても結果が伴わなければ妻の生理周期は安定し始めたようで、生理不順で悩んでいた妻からは改善したと聞いていますし、サプリの効果は悪くはありません。妊活を進めている中、基礎体温をつけるようになって半年程ご夫婦で頑張ってみても、妊娠しない場合一度病院で診てもらうのもいいと思います。

男性の方に問題があることも最近では多くなっていますし、お互いに問題はなくても相性というのが本当にあるようで、相性が悪い場合には卵子が相手の精子を攻撃をして受け入れようとはしないんだそうです。
同一の検査にもかかわらず保険適用外ということで負担額が高額になってしまう病院も存在しますので、必ず電話で確認を取ってから診察に向かいましょう。
赤ちゃんが欲しいと思ったら、早い段階で妊活を開始しましょう。誰もが歳を重ね年老いていくのと同じように、卵子も年齢に比例して老化していくのです。
とどのつまり、年齢を重ねるごとに妊娠の可能性が低くなるという事です。

また昨今では、女性が外に働きに出るケースも多くなりストレス過多や、栄養素バランスの乱れによるホルモン系統の異変など、不妊の要因となってしまっているケースがあります。

不妊治療でなら確実に子供ができる、と断言はできません。


なので、子供の事を考えるようになったら、早くから妊活を行って時間を大事た使っていきましょう。

関連する記事はコチラ

Copyright (c) 2014 さより妊活5年生!誰にもいえない妊活の話 All rights reserved.