さより妊活5年生!誰にもいえない妊活の話
TOP PAGE > ここしばらく、〇〇活というフレーズをよく

ここしばらく、〇〇活というフレーズをよく

ここしばらく、〇〇活というフレーズをよく耳にするようになりましたが、赤ちゃんを授かりたい、と考えている女性の多くが気にしていることといえば「妊活」ですよね。


何からどのように進めていけばいいのでしょうか。

手順が煩わしいかも、と悩むことはありません。
女の人はエストロゲンとプロゲステロンという二つの女性ホルモンの働きにより周期的に生理がやってきます。

妊活を考え始めた方は、何は無くとも毎朝起床後に基礎体温を測ることを忘れずに行い、自分の体のリズムを知ることが大事です。


もしも低温期と高温期が分かれていないなど気になることがあれば、産婦人科を受診しましょう。妊活を実行している友達や子供を育てている友達との会話の中で、情報を得ることも妊活では大事な活動だと思っています。自分自信で試せる方法はネット上から探していますが、そうは言っても見つけることのできない情報も数多くあり、友達が教えてくれる方法は初耳のものも多いです。もっとも信頼できる話の情報源は既に子供を育てている友人であり、自分も妊娠できるような、前向きな気持ちになれるので非常に大事です。私もいつか妊活を始めた他の友達や妹に私がしてきた事を教えてあげたいと考えています。
排卵日を予測するために基礎体温をつけることを習慣にしています。



毎朝起きてすぐに計る基礎体温は動いてしまうと正確な体温が計れないため、ベッド近くに体温計を置いておけば手を伸ばすだけで済むのでいいのですが、体を動かさずに横になったままですと二度寝してしまいそうで気を緩めることはできません。そのまま寝てしまっても基礎体温に影響はありませんが、会社に遅刻してしまうからです。基礎体温は女性ならではの体調管理方法でもありますので、妊活をされていない方も計ってみてください。体温のグラフにガタつきが見られた時には不調の現れだとして、生活を見直すようにしています。



以前は妊活をしていた者です。

今は授かった女の子も5ヶ月になりました。妊活は病院通いばかりで、授かるまでの数年間は出口の見えないトンネルをひた走っている状態でした。

諦め時が決まらず悩んでいましたが、6回の人工授精を繰り返して念願の赤ちゃんを授かりました。奇跡的な出会いに今は感謝しています。


妊活中は仕事をしていましたが、ストレスなく働けるように気をつけていました。

主人と色々気分転換に出かけた事も今は良い思い出です。


3年にわたる不妊期間を経て、やっと赤ちゃんを授かりまりた。こうして妊活に成功した私ですが、主に取り組んだのは基礎体温を上昇させるというものでした。
基礎体温が全体的に低い状態、すなわち低体温状態にある時、これを見過ごしていると、便秘がちになり肌の状態も不安定に、さらに子宮や卵巣までもが冷えているために妊娠しづらい状態となってしまうのです。



なによりも食生活の変革は基礎体温を上げるために一番心がけて行ってきました。

橙や茶色など濃い色の野菜、寒い地方で栽培されている野菜、冬に旬を迎える食材は身体を中から温めるものが多く、意識して食生活に組み込むようにしました。

毎日の食事にほんの少し気を遣うだけなので、難しいことも辛いこともありません。

子供を設けることを考え始めたら、早い段階で妊活を開始しましょう。
誰も彼も年齢とともに老いていくわけですが、卵子も年齢に比例して老化していくのです。
これはつまり、加齢により妊娠しにくくなるという事です。また今の時代、社会進出を果たした女性の多くがストレスを抱え、バランスの崩れがちな食生活からホルモン分泌に異常をきたす事もあり、妊娠しにくい状況になってしまっている場合もあります。


不妊治療をすれば確実に妊娠するというものでもありません。

そのため、子供が欲しいのであれば、早めに妊活を始めて有効に時間を使いましょう。
妊活を本格的に始める前に、準備段階としてあなたの身体をよく見てみましょう。生理は毎月正常に来ているか、排卵もサイクルに則ってきちんとされているか知っておきましょう。
日課として基礎体温を毎朝同じ時間で計るようにし、その結果は折れ線グラフで表にしてみましょう。そんな面倒なことしたくない!という方にもお勧めしたい、数値を入れるだけでグラフにしてくれる便利なアプリがありますので活用して下さいね。基礎体温を計り続けていると、わずか3カ月ほどで基礎体温に連動した身体の変調サイクルが見て取れるようになります。
自分自身のカラダに真摯に向き合うことが、妊活のスタートとなります。

妊活中の女の人で、基礎体温が習慣化して約6か月は旦那さんと頑張ってみても、妊娠しない時には一度は病院で詳しく検査をされた方が良いでしょう。

最近は旦那さんに問題がある場合もありますし、奥様とご主人のどちらにも問題がなくても相性が悪いということもあるそうで、男性の精子が合わず卵子が攻撃することで受精しないようにしているそうです。

同じ検査でも保険が適用されず高額にする病院もあるので、まずは電話で確認を取ってから診察を受けるようにしましょう。


もともと生理が不定期だったため、とりあえず基礎体温を毎日計るようにしました。


ネットなどの情報をもとに自己流でタイミングを取りましたが 半年経っても妊娠しないため、海外製ですが排卵検査薬を通販で安く購入し、排卵日検査薬に反応があった日にタイミングを得ると、4ヶ月で妊娠に成功しました。夫婦ともに仕事に忙殺され疲れと眠さからタイミングを逃してしまうことも多かったので、正確な排卵日予想がなければ短期間の間に妊娠するのは不可能だったと思います。妊活という言葉が広く知られるようになったのはここ最近です。
女性にできる妊活では、体を冷やさないことが大事だと言われています。男性と比較すると女性の方が冷えやすい身体の構造をしているそうです。


冷えが慢性化することで生理不順に繋がったりする場合もあり、なかなか妊娠を望める体の状態に近づくことができません。冷え改善のためには、筋力を増やすことと毎日暖かい湯船に浸かるのを習慣化すること、飲食物は暖かいものを選んで食べるように努力して取り組むことが大事です。

関連する記事はコチラ

Copyright (c) 2014 さより妊活5年生!誰にもいえない妊活の話 All rights reserved.