さより妊活5年生!誰にもいえない妊活の話
TOP PAGE > そろそろ子どもが欲しい時期だなと、

そろそろ子どもが欲しい時期だなと、

そろそろ子どもが欲しい時期だなと、よく旦那と話しています。兎にも角にも妊活を始めるのなら基礎から入るのがいいのではないでしょうか。毎日の暮らしの中ではカラダの冷えを予防したり、適当に計っていた基礎体温をちゃんとアラームを使って同じ時間に測るようにしています。


食べない事もあった食事も3食ちゃんと食べる事にしました。
就寝時間も決まって22時に寝て7時に起床するようにしています。
今月はあと数日で検査薬が使えるので、結果を楽しみにしています。


排卵日を知るために基礎体温を付けています。

毎朝動かずに計らなくてはいけないため、枕元にあらかじめ体温計を用意しておくまでは問題ないのですが、目覚めきっていない体で体温を計ると二度寝の危険性が非常に高くなるので気を抜けません。うっかり二度寝してしまったとしても計測に影響は出ませんが、寝坊で会社に遅刻する事態だけは避けなければなりません。基礎体温は女性ならではの体調管理方法でもありますので、妊活中以外の方にも計測をお勧めします。



基準値から外れたグラフになってしまった場合には体の疲れが現れたものとしてみて、ライフスタイルを見直すようにしています。
私たち夫婦はなかなか子供に恵まれず、妊活サプリを購入して使用しています。
不妊の原因や赤ちゃんへの期待などを妻が一人で背負い込まないように、夫婦二人で飲み続けられる商品を購入し、二人で一緒に飲むことが日課になりました。

自力で出来ることをしても結果が伴わなければ妻の生理周期は安定し始めたようで、一定の効果は確認できています。妊活とまとめて言ってもその方法は様々です。美容院で髪を染める際に使う染料を化学物質からオーガニックのものに切り替えたり、食品も自然なものに切り替えるなども妊活の1つだと言えます。



何よりも体を冷えから守ることは極めて効果の期待できる妊活と言われています。

私達は赤ちゃんを授かることがなく長い間悩んでいましたが、私達のどちらにも問題がないとわかり、先に掲げたことに気を払いながら妊活を継続し、めでたく現在はマタニティライフを過ごしています。妊活を実行中の女性の方で、基礎体温を測り始めて夫婦で6か月近く努力してみても、妊娠しない場合一度病院で診てもらうのもいいと思います。男性の方に問題があることも最近では多くなっていますし、お互いに問題はなくても相性というのが本当にあるようで、男性の精子が気に入らないと卵子が攻撃することで受精しないようにしているそうです。
同じ検査でも保険が適用されず高額にする病院もあるので、まずは電話で確認を取ってから診察を受けるようにしましょう。ここ数年、○○活という言葉をよく聞くようになりましたが、ベビーちゃんに会いたい、と妊娠を心待ちにしている奥様の気になることといえば「妊活」ではないですか?何をどのようにすればいいのでしょうか。
面倒なものだと思うことはありません。女性の妊娠、出産に大きく関わる月経は卵胞ホルモンと黄体ホルモンの二つが正常に作用することで周期性を持ちます。妊娠を考え始めた方は、何は無くとも毎朝起床後に基礎体温を測ることを忘れずに行い、自分の体のリズムを知ることが大事です。もしも低温期が長すぎたり高温期が無かったりなど理想的なグラフが現れず不安に思う場合には、産婦人科を受診しましょう。

妊活の開始にあたって、まずは自分の身体を改めてよく見てみましょう。

生理周期は毎月安定しているか、排卵もサイクルに則ってきちんとされているか知っておきましょう。

毎朝決まった時間に基礎体温を測り、結果をグラフにしてみましょう。
グラフを描くなんて面倒!そんな方は今は便利なアプリもあるので、それを利用するもいいですね。
基礎体温を計り続けていると、わずか3カ月ほどで自分の身体のサイクルが見えてくるはずです。

あなたがより身体のことを知ろうとする事が、妊活の最初の一歩となるのです。私達夫婦が子供が欲しいと考えるようになったのは、結婚から半年程後の事でした。

妊活力をあげたい私が行ったのはとても簡単な方法です。

そう、体を冷やさない事です。妊娠したいのであれば、まず身体を冷えから防ぐ事が重要になります。可能な限り身体を冷やさないようにするには、大好きなアイスを食べすぎない、冷たい飲み物を避けて、常温のものを好んで飲むようにしています。とても簡単な事ではありますが、自分の身体を信じ、毎日を健康に過ごして妊娠できるように努力していこうと思います。妊活というフレーズが世間一般に広く認知されるようになったのはごく最近のことです。

女性ならではの妊活としては、体を冷やさないことが大事だと言われています。



男性よりも女性の方が身体が冷えやすいと言われています。慢性的な冷え性になってしまうと生理不順が引き起こされる場合もあり、体質的に妊娠しにくい状態が続くことになります。冷え取りに効果的なのは、筋力を増やすことと毎日暖かい湯船に浸かるのを習慣化すること、飲食物は暖かいものを選んで食べるように励むことが大事になります。妊娠したい女性にとって、冷えは敵とも言える存在です。身体の中でも特に首・手首・足首が冷えると全身に冷えが周り、子宮や卵巣までも冷えてしまい妊娠に適さない状態になります。冷えの対策に効果的なのが、温かいものを口にするという事です。どうしても冷たい物を飲みたい時には氷は控えるなどでも違いはあります。またお風呂はぬるめのお湯を溜めて、ゆっくりつかることでリラックス効果もあり、血流もよくなります。ラストに、ぜひ取り組んで頂きたいのが運動です。

特にウォーキングは妊活には効果があり、毎日30分以内のウォーキングで血行が良くなり妊活に適した身体作りが行えます。

関連する記事はコチラ

Copyright (c) 2014 さより妊活5年生!誰にもいえない妊活の話 All rights reserved.