さより妊活5年生!誰にもいえない妊活の話
TOP PAGE > 数年ほど前から、〇〇活という単語を耳にする

数年ほど前から、〇〇活という単語を耳にする

数年ほど前から、〇〇活という単語を耳にする機会も増えましたが、ベビーちゃんに会いたい、と妊娠を心待ちにしている奥様の気になることといえば「妊活」ではないですか?一般的にはどこからどのようにして進めていくものなのでしょうか。手順が煩わしいかも、と悩むことはありません。女性であれば女性ホルモンの働きによって月に一度、月経がくるようになっています。

妊活を考え始めた方は、一番初めに毎日起床してから基礎体温を測り、その結果からあなたの体温周期を可視化することがとても大事なことになります。



もしも低温期と高温期が分かれていないなど気になることがあれば、産婦人科を受診しましょう。


私達夫婦が子供が欲しいと考えるようになったのは、結婚から半年程後の事でした。

妊娠しやすい体作りの為に私が取り組んだ事は簡単なものばかりです。
身体を冷やさない事、たったそれだけの事です。身体を冷やさないことは妊娠するためには大切なことです。冷えを身体から遠ざける為に、好物のアイスを食べすぎない事、飲み物は冷たいものではなく、可能な限り常温のものを飲むようにしています。簡単なことですが、自分の体が持つ可能性を信じて、赤ちゃんが来てくれるように健康的な毎日を送れるよう頑張ります。子供を授かりたいと思ったら、妊活は早めに取り組みましょう。誰でもそうですが、歳をとり老いていくように、なんと卵子までも年齢とともに老化しており、質は劣化していくのです。結論から言うと、遅くなれば遅くなるほど妊娠しにくくなる確率が高くなるという事です。また近頃では、女性の社会進出によりストレス過多や、食生活の乱れなどからホルモンバランスが崩れ、妊娠しにくい状況になってしまっている場合もあります。
不妊治療を受ければ、間違いなく赤ちゃんを授かれるという訳でもありません。

ですから、子供を望むのであれば、早い段階で妊活を始めて無駄な時間のないようにしましょう。


妊活を進めている中、基礎体温を測り始めて夫婦で6か月近く努力してみても、妊娠しない場合一度病院で診てもらうのもいいと思います。

男性の方に問題があることも最近では多くなっていますし、夫婦が互いに問題がない場合でも相性が問題となっていることもあるようで、卵子は合わない精子がやってくると攻撃をして受け付けようとしない場合もあるそうです。


検査項目は同じなのに保険適用外とされてしまい高額にする病院もあるので、一度電話で確認してから行くといいです。



排卵日がいつなのか知りたかったので基礎体温を計ることが習慣化しました。

毎朝動かずに計らなくてはいけないため、枕元に体温計を常備しているのはいいのですが、体温を計りながら二度寝してしまいそうになるのを堪えるのは予測以上に大変です。



二度寝でも計測そのものに問題ありませんが、会社に遅刻してしまうからです。


基礎体温は自分自身の体調管理にも応用が効くので、妊活をする必要がない方でも試しに計ってみてください。見本通りのグラフにならない時は体が疲れていると判断をして、ライフスタイルを見直すようにしています。妊活経験者です。
娘を授かり、現在は5ヶ月になりました。
病院に通院していた妊活中、それは光の見えないトンネルを彷徨い続けていた数年間でした。
いつ治療を諦めるか考えてはいましたが、6回の人工授精を繰り返して念願の赤ちゃんを授かりました。
奇跡的な出会いに今は感謝しています。
妊活中は仕事をしていましたが、ストレスをためないように心がけていました。夫婦で様々な場所へ行って気分転換できたのも今では懐かしい思い出です。妊娠にまつわる活動として妊活という言葉が広く用いられるようになったのはここ数年のことです。
ママになりたい女性が取り組む妊活は、身体の冷えを防ぐことが重要とされています。男の人に対して女の人のほうが冷え性になりやすいと言われています。冷えが長期的に続くと月経周期も不安定になることがあり、そうすると妊娠しやすい体からは程遠いものになってしまいます。



身体から冷えを取り除くには、筋トレや運動での筋肉量のアップと、毎日の入浴を欠かさないこと、飲食物は身体を冷やさない暖かい物を口にするよう励むことが大事になります。妊活を本格的に始める前に、準備段階としてあなたの身体をよく見てみましょう。


月経のサイクルは正常であるか、排卵はきちんとされているかを知る必要があります。毎朝決まった時間に基礎体温を測り、得られた数値をグラフでわかりやすくしてみましょう。そんな面倒なことしたくない!という方にもお勧めしたい、数値を入れるだけでグラフにしてくれる便利なアプリがありますので活用して下さいね。

基礎体温を記録し始めて3カ月後には、基礎体温に連動した身体の変調サイクルが見て取れるようになります。


妊活を始める最初のステップは、まさに自分の身体のことを改めて知ることなのです。
まさに妊活中の友人やすでに子育てを始めている友人の言葉から、有効な情報を集めることも妊活において必要な活動だと考えます。
自分で試せる事はネットから拾っていますが、それでも十分なものとは言えず、友人から得る情報の多くは知らないことばかりです。
特に子持ちの友人の話は信頼度も高く、自分も妊娠できるような、諦めずに頑張ろうと思わせてくれる大切なものです。そう遠くない未来で私も同じように妊活で困っている友人や妹に実体験を話すつもりです。

妊娠したい女性にとって、冷えは敵とも言える存在です。



血管の集中する首・手首・足首の冷えは内蔵にも大きく作用し、子宮や卵巣までも冷えてしまい妊娠に適さない状態になります。
冷え対策として手軽にできる事は、温かいものを飲食するという事です。どうしても冷えた物が飲みたいという時には、氷なしにするだけでも違います。



さらに入浴方法をシャワーからぬるめのお湯の入浴に切り替えて、じっくりと全身浴をする事で自律神経をリラックスさせ、血の巡りが良くなります。最後に運動です。中でもウォーキングは冷え改善だけでなく妊活にも効果があるとされ、20〜30分毎日歩くことで全身の血流が改善され、効果があるといわれています。

関連する記事はコチラ

Copyright (c) 2014 さより妊活5年生!誰にもいえない妊活の話 All rights reserved.